ジャグラーのスランプグラフ攻略で狙い目が見つかる立ち回り法!

ジャグラーで勝つコツは、ジャグラーのスランプグラフ攻略で狙い目が見つかる立ち回り法になります!
 
ジャグラー 攻略法 本物
◆ジャグラーのスランプグラフ攻略を知りたい方
◆ジャグラーのスランプグラフの狙い目を知りたい方

◆ジャグラーの立ち回りで夜・昼・朝の狙い目を知りたい方

というあなたの参考になれば幸いです。

ジャグラーのスランプグラフ攻略するには

ジャグラーのスランプグラフ攻略は、 データロボサイト7を使います。


>>データロボサイト7!スマホ対応はコチラ


ジャグラースランプグラフ攻略

ジャグラーガールズのスランプグラフです。縦軸コインの枚数、横軸が回転数、その他のデータが読み取れます。

スタートから、打ち込んでしまう台です。

しかし、スランプグラフの一番左の赤矢印のポイントから台の“性格”?が変わった様に連荘し始め、プラス領域に向かっているのがわかると思います。

ジャグラーのスランプグラフの見方 その1

1回目のビッグの後にジャグ連するきっかけとなった2回目のビッグは、±0ラインで跳ねているのが分かると思います。

つまり開店からコイン250枚から300枚までが初期の投資金額の目安となります。それ以上コインを入れると初めてのビッグボーナスの312枚では、±0ラインには到達しないので危険と判断します。

ジャグラーのスランプグラフの見方 その2

およそ打ち始めから、250枚~300枚の打込み後の出玉はおよそ+800枚がピークとスランプグラフから読み取れます。

注意したいのが、出玉そしてはコイン-250枚から+800枚なのでジャグラーのスランプグラフ攻略の考え方は、レンジとして250枚+800枚で1050枚のコインが出たと考えます。

ジャグラーのスランプグラフ攻略の考え方は、スランプグラフの±0を基準に+1000枚ライン、-1000枚ラインと1000枚単位で攻略ポイントと判断します。

ジャグラーのスランプグラフの見方 その3

その後打ち込んでしまい±0ライン付近で復活してジャグ連が始まります!スランプグラフの真ん中の赤矢印が攻略ポイント。

自分で打込むか、早々に見切りをつけて台を捨てジャグラースランプグラフ攻略を知らない他人にある程度まで打ってもらうというジャグラーの裏の攻略(他力を使うまたは借りる)でも良いですね。『ジャグラースランプグラフ攻略が慣れてくれば、あと何回転とかあと幾ら打込んだら±0ライン付近』と分かるようになりますので。

ジャグラーのスランプグラフの見方 その4

2回目の出玉ピークその後。マイナス1600枚に近い打ち込みまたまた±0ライン手前でビッグを引きジャグ連開始!
1400枚程出て、少しハマリ+1000枚ラインでまたジャグ連し始めます。

ジャグラースランプグラフ攻略ツール
>>データロボサイト7!スマホ対応はコチラ


ジャグラー 立ち回り中のグラフの狙い目!

次は、ジャグラーの立ち回りでスランプグラフの狙い目を見つける方法です。

マイ ジャグラー 2 スランプ グラフ

このデータでは、マイナスになりながらジャグ連をへてプラス領域に戻り、プラス領域700枚をピークに一度沈み始めます。

しかし、0ラインで反発してジャグ連が復活!ここが、ジャグラーの立ち回りでスランプグラフの狙い目です!

第1回目のピークから沈み始める場合が多いので、±0ラインを見極めるのがジャグラーの立ち回りでスランプグラフの狙い目となります。これもジャグラーの裏の攻略(他力を使うまたは借りる)として他人が出しても他人のハマリを上手く利用するジャグラーの立ち回りです。夜なんかは良いかも知れません。

+1000枚ライン超えて、少しハマリ次のビッグが再度+1000枚ラインで爆発してますね!


ジャグラー 立ち回り中のグラフの逆狙い目とは

ジャグラーの立ち回り中のグラフの狙い目その2 は、逆狙い目!

つまり、攻略ポイントの±0狙いで吹き上がらない場合は、早々に逃げる・台を捨てる勇気です!

ジャグラー 攻略法 本物

打ち始めからビッグを引くも、出たり入ったり・・・

一度わずかに0ラインを切ったところでビッグを引いて、打ち込んでから改めて0ラインでジャグ連が始まります!
左赤矢印

そしてピークは、747枚です。ジャグラースランプグラフ攻略では、1000枚に届かなかった場合に最大ビッグ1回分を打込んでもビッグを引けない場合は、逃げる方が良いと判断します。

スランプグラフでは、右の青い矢印まで747枚打ち込んで、±0枚ラインで反発しなかった為にマイナスへまっしぐら!

ジャグラー 立ち回り中のグラフの狙い目2 は、

つまり747枚ほど打ち込んで、『やめる』という判断をすれば大負けの可能性は回避できます。

次の復活すると思われるマイナス1000枚ラインまで、他の人に打ってもらいましょう!ジャグラーの裏の攻略(他力を使うまたは借りる)ですね!

次の復活ライン、つまりジャグラーのグラフの狙い目は、マイナス1000枚ラインとなります!

これが、ジャグラーで立ち回り中のグラフの狙い目を見極めるといことになります。


つまりジャグラー攻略法 本物その1は、ジャグラースランプグラフ攻略ジャグラーの立ち回り中のグラフの狙い目をデータロボサイト7の出玉グラフを使って、高設定台ではなくても反発する台をグラフから読み取り、

ジャグ連した後は1000枚ラインを基準に逃げどころを探って勝ち逃げする!という方法になります。

ジャグラーで立ち回り中のグラフの狙い目を見極める
>>データロボサイト7!スマホ対応はコチラ


データロボサイト7のグラフは、慣れてくると狙い台の現在の回転数から何回転で1000枚ラインに到達するか分かってきます。

またグラフの縦軸から読み取って、あと何枚入れれば1000枚ラインに達するかでも分かってくるので、

私はグラフ・回転数・コイン投入枚数の3つデータで予測が付くようになりました。

ちなみに、ジャグラー系で実測するとビッグ312枚でおよそ212回転、レギュラー104枚でおよそ77回転を目安に計算して打っています。

ジャグラー@スランプグラフ攻略と立ち回りの狙い目 まとめ

ジャグラースランプグラフ攻略ジャグラーの立ち回り中のグラフの狙い目に使う、データロボサイト7の機能をまとめました。

1.
ホールに行ってない時のスランプグラフを見て研究する。

2.前日のデータを見て翌日の台の目安を付ける。(最終回転数や総回転数など)

3.ホールではジャグラーの台選び・立ち回りで1000枚ラインを気にして探す。

4.他の台の出玉や空いている台のデータやグラフを監視する。

5.勝っている時は、勝ち逃げするポイントを探る。

6.過去7日間の出玉情報をみる。

7.過去8日間のスランプグラフをみて研究する。

8.ジャグラー系全台の合成確立を見て、全体の平均設定を見る。

9.新台の機種情報が見れる。

まだまだ在りますが、これだけ出来てたったの月額324円!スマホ対応!

役に立ちます!

ジャグラー勝
全国約2000ホール出玉情報チェックができる!
>>データロボサイト7!はコチラ 

このページの先頭へ